​4 痩せる耳のハリ

脾と胃、腎のツボを徹底的に治療して食欲が減退した。

女性 主婦 54歳 体重67.7㎏

田中流痩せる耳のツボ(図1)

〔背臥位〕
食欲旺盛は中医学で「胃熱」と説明している。
足を触診して熱感を調べた。
足底、腎経・湧泉穴と母趾内側、脾経・公孫穴、足背、胃経・陥谷穴に熱感があった。上腹部の任脈、胃経募穴・中脘穴は圧痛があって冷えていた。
1) 耳のツボに長さ0.3㎜の円皮針を貼って線香灸を行った。(図2)
脾経井穴・隠白穴と公孫穴、胃経井穴・厲兌穴と陥谷穴に長さ0.3㎜の円皮鍼を貼ってその上から指圧と揉捏を行った。隠白穴に円皮鍼を貼った(図3)
2) 円皮鍼を貼った上から脾経と胃経、腎経に冷却シートを貼った。(図4)

001.jpg

​図1

002.jpg

​図2

003.jpg

​図3

004.jpg

​図4

〔腹臥位〕
背腰部に診断按摩を行うと、左右の脾兪穴と胃兪穴、腎兪穴に硬結と圧痛があった。(図5)
鍼体50㎜、太さ0.14㎜の鍼で刺鍼し、回旋・雀啄して響かせた。置鍼して温灸を行った。
〔坐位〕
鍼を抜いて坐位になり、患者さんの後ろから円皮鍼を貼っている耳のツボを30秒間圧迫した。(図6)
患者にも食事の前に30秒間指圧するように勧めた。
〔帰宅後〕
何となく食欲が落ちて、夜はキュウリとスイカを食べた。
夜中に大量に排便があった。朝、体重を計ると65.1㎏で前の日に比べて1.6㎏減った。

005.jpg

​図5

006.jpg

​図6

007.jpg

​図7

機関誌176号 (04年07月 発行)掲載

ワインが好きな女性に肝経と腎経のツボを治療して、ワインの味の変化を確かめた。
女性 52歳 治療時間30分

〔背臥位〕
1) 耳のツボに円皮針を貼って線香灸を行った
肝経募穴・期門穴の圧痛を調べると右側が強かった。
両側の耳のツボに長さ0.3㎜の円皮鍼を貼って筆者が圧迫し、
患者に右期門穴を圧迫させると圧痛が軽減した。
円皮鍼の上から火を付けた線香を近づけて温めた。(図2)


2) 肝経井穴・大敦穴と圧痛があった脛骨部の肝経・蟸溝穴に長さ0.3㎜の円皮鍼を貼って、その上から指圧を行った。(図3) 

 

〔腹臥位〕
背腰部に診断按摩を行うと、左右の魂門穴と右腎兪穴に硬結と圧痛があった。
右魂門穴に鍼体50㎜、太さ0.14㎜の鍼で刺鍼して回旋・抜き差しをして

響かせた。(図4)置鍼して温灸を行った。

001.jpg

​図1

​図2

002.jpg

​図3

003.jpg
004.jpg

​図4

〔坐位〕
鍼を抜いて坐位になり、患者の後ろから円皮鍼を貼っている耳のツボを30秒間圧迫した。
ワインを飲んだところ、旨味が無くなって渋みだけ感じた。


・帰宅後
家に帰ってから耳の円皮鍼を貼ってあるツボを30秒間指圧してからワインを飲むと、治療直後よりもさらに旨味も香りもなくなって、苦味と渋味を強く感じ、全く美味しいと感じなかった。
(治療で飲んだワインと自宅で飲んだワインは同じである)

機関誌175号 (04年05月 発行)掲載