痔の症状を軽減できる按摩治療

中医学で腎の竅は「耳と二陰」であると説明している。

「竅」とは身体にある九つの穴である。

二陰とは前陰すなわち尿道口で後陰は肛門である。

従って痔は腎に関係する硬結・圧痛のあるツボを治療すると、症状を軽減することができる。

痔の反応としては下腹部、恥骨の上の腎経・横骨穴に圧痛が出ていることが多い。

痔に響くツボ、あるいは横骨穴の圧痛を軽減できる全身のツボを治療すると、痔の症状を軽減することができる。

痔の症状が肛門の左右、どちらかに片寄って出ているかを聞く。

右側にイボ痔があるとして説明する。            

 

〔背臥位〕

(1)腹部の診断

下腹部、恥骨の上、右腎経・横骨穴の圧痛を

確かめる。(図1)

 

〔腹臥位〕

(2)背腰部の按摩

① 痔で最も圧痛がある、仙骨部の下髎穴を左

右指圧して圧痛を調べる。

右側に強くあることを確かめ、重ね母指持続圧を行う。(図2)

② 腰部の腎兪穴、志室穴を左右指圧して硬結

・圧痛を調べる。

右の腎兪穴の硬結・圧痛に重ね母指持続圧を行う。(図3)

 

 

 

③ 下腿腎経、築賓穴の硬結・圧痛を調べ、母

指揉捏と重ね母指持続圧を行う。(図4)

 

 

 

④ 足底部、腎経・湧泉穴の圧痛を調べ、重ね

母指持続圧を行う。(図5)

 

 

 

〔背臥位〕

(3)百会穴の後ろずらし圧

百会穴を垂直に30秒間ほど押す。次に母指に

圧を加えたまま皮膚がずれない程度に後方にず

らして1分間持続圧を行う。(図6)

(4)治療効果の判断

下腹部、腎経・右横骨穴を指圧して圧痛が軽減していることを確かめる。

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6_edited.jpg

​(図1)

​(図2)

​(図6)

​(図3)

​(図5)

​(図4)