11  ツボの研究

➀ 腰痛で激痛があった外跗陽穴(腓骨の外側にある)を持続圧したところ、腰痛がスーと消えた。男性57歳

〔右上側臥位〕
腰痛の右関元兪穴を持続圧した後、下肢の膀胱経・外跗陽穴の激痛を持続圧すると、さらに腰の痛みがスーと消えた。

➁ 下下(しもしも)豊隆穴の持続圧で下腹部、胃経・水道穴に響いた。男性 52歳

〔背臥位〕
  左下腿の胃経に指圧・揉捏を行うと、足方に下がるにつれて圧痛が強くなった。
下豊隆穴よりもさらに下方なので「下下豊隆穴」と名付けた。
持続圧で下腹部の胃経水道穴に響いた。

➂ ファダーフで鼠径部に痛みが起こった。公孫穴を指圧して軽減した。女性 42歳

関節運動法の診断で左股関節を屈曲して内転、内旋させると左鼠径部の脾経・衝門穴に痛みが起こった。
ファダーフを行った状態で脾経の足部のツボ、公孫穴を持続圧すると衝門穴の痛みが軽減した。

001.jpg

​図1

002.jpg

​図2

003.jpg

​図3

機関誌177号 (04年09月 発行)掲載

①上風池穴に刺鍼したところ、日本環跳穴に響いた。 女性 52歳

〔腹臥位〕
激痛があった右後頭部、胆経・上風池穴に刺鍼して圧迫撚鍼を繰り返した。
そこは股関節を屈曲してシワのできる部位で、日本環跳穴であった。

➁ 左外厥陰兪穴を持続圧したら、中指の指先が太くなる感じで響いた。女性 51歳
〔腹臥位〕
左中指に湿疹がある。
肩甲間部で中指に関係が深い厥陰兪穴を調べると、左外厥陰兪穴に圧痛があった。
持続圧すると中指の指先が太くなる感覚が起った。
感覚が少なくなるまで3分間持続圧を行った。

➂ 犢鼻穴に刺鍼したところ口の中に響いた。女性 42歳
階段を下りるときに右膝の皿の下が痛むという。
胃経の犢鼻穴であった。刺鍼して運鍼すると口の中の上顎にジーンとした感覚が起った。

001.jpg

​図1

002.jpg

​図2

003.jpg

​図3

機関誌176号 (04年07月 発行)掲載

① 築賓穴を持続圧したら、頭がスーッとした。

女性 48歳
腹臥位
硬結があった右腎経・築賓穴を持続圧したところ、半分眠っていた頭の中がスーッとして物を考えられる感覚になった。


② 激痛があった築賓穴を持続圧したら、痔にジーンと響いた。

男性 62歳
痔があるということで下腿の腎経のツボを調べると左築賓穴に激痛があった。
持続圧するとイボ痔がある左側にジーンとした感覚が起こった。
感覚が少なくなるまで3分間持続圧を行った。


③ 激痛があった下髎穴を持続圧したら、排便の便が太くなった。

女性 42歳
下髎穴を指圧して激痛があったので「痔はないですか」と聞くと「ないです」との返事であった。
持続圧を繰り返して行った。
1週間後の治療で「先生、便が太くでました!」

001.jpg

​図1

002.jpg

​図2

003.jpg

​図3

機関誌175号 (04年05月 発行)掲載